川柳インフォメーション
今日は2022年6月30日です。
キーワード検索:
1 ページ中 1ページ目を表示(合計: 10件)
ページ:1

大会
▼2022.06.30 第11回東北川柳文学大賞募集
【応募資格】東北6県の在住者(災害による避難先は可)【応募用紙】専用の応募用紙(コピー可)またはA4版の原稿用紙に縦書き。その際冒頭にタイトル・未発表作品10句・郵便番号と住所・柳号(氏名)・電話・所属結社の順で明記。*用紙必要な方は事務局に連絡してください。【応募料】1篇¥1,000(複数応募可)なお、応募時に大賞受賞者句集の購入予約(句集予約と添書きし、1冊につき¥1200同封)をいただくと送料無料とします。【締め切り】2022年6月30日(消印有効)【選者】齊藤由紀子(東京)・芳賀博子(兵庫)・長谷川酔月(秋田)・熊谷岳朗(岩手)・小林左登流(福島)・山口まもる(山形)・雫石隆子(宮城)・高鸛石(青森)【賞】大賞〜賞状・記念品・副賞として川柳句集の無料発行権と100冊授与【発表】2022年8月中旬予定(受賞者に連絡)【表彰】10月9日(日)第40回東北川柳連盟大会(秋田市)大会席上*予定【応募先】〒038-3288 青森県つがる市木造出来島33 東北川柳連盟 東北川柳文学大賞係【連絡先】東北川柳連盟事務局 濱山哲也☎080-5574-9297【主催】東北川柳連盟
大会
▼2022.07.02 ▼ 川柳ステーション2022
【時】7月2日(土)12:30受付開始/13:00開会【場所】リッチモンドホテル青森5階(青森市長島1丁目6-6・電話017-732-7655・駐車場有)【参加費】5,000円(句会・懇親会・発表誌)【事前投句】6/15締切・特別選『祭』なかはられいこ選/リモート披講【宿題】(各題2句)『復』岩崎眞里子・きさらぎ彼句吾共選/『活』笹田かなえ・菊池京共選 *事前投句なしでも参加できます
月例句会
▼2022.07.13 ▼「川柳吟行会 ぽ」7月句会
【投句締切】7月13日(第2水曜日)【題・投句数】『川』3句【合評会】7月20日(第3水曜日)アウガ5階で14:30〜【投句・問合せ】toko@okajoki.com 熊谷冬鼓宛  *それぞれの地で一人吟行して作句し投句願います。参加者全員による選・選評をメールで交換。入選句・選評等は後日月刊おかじょうきに掲載。メール交換できる方ならおかじょうき会員以外でも参加可。年会費1,000円。
月例句会
▼2022.07.20 ▼おかじょうき会員雑詠集「無人駅」5句
■おかじょうき会員雑詠集「無人駅」5句(9月号分)【締切】7月20日15時必着【提出】雑詠5句、お気に入り1句(最新号からお好きな作品1句とそれに対する簡単なコメントも記入)【掲載】9/10発行号【ウェブサイトからの投句】http://www.okajoki.com/toku/mujineki.html【メールでの投句】moriko@okajoki.com 守田啓子宛
誌上句会
▼2022.07.31〆 2022年度川柳研究誌上大会
【課題】(各二句)二人選「裏」木本朱夏選(川柳塔社)・上田健太選(川柳研究社)/「剥がす」荒川八洲雄選(中日川柳会)・渡辺梢選(川柳研究社)/「やきもき」中島和子選(東京番傘川柳社)・片倉卯月選(川柳研究社)/「大らか」野沢省悟(川柳触光舎)・安藤紀楽選(川柳研究社)【投句方法】応募用紙(コピー可)または便箋へ一行置きに。住所、氏名、電話番号を明記、一人一口迄。【投句先】〒353-0006 埼玉県志木市館2-3-6-1403 のべふゆは方 川柳研究誌上大会事務局【投句料】千円(切手不可)発表誌呈【締切】2022年7月31日(当日消印有効)【問合せ】電話048-472-8885(川柳研究誌上大会事務局)【賞】合点五位まで楯・三十位まで記念品(同点は着到順)【発表】「川柳研究」誌10月号【主催】川柳研究社
月例句会
▼2022.08.06 ▼ おかじょうき川柳社本社8月句会
【時】8月6日(土)午後1時〜【所】アウガ5階小会議室【投句締切】8月5日(金)15時【宿題】(各題3句詠)『ゆらゆら』/『油』/『自由詠』【席題】1題3句詠・2人共選。選者は当日の参加者より選出【川柳ラボ】互選句「楽器」1句【ウエブサイトからの投句】 http://www.okajoki.com/toku/ 【メールで直接送信投句】moriko@okajoki.com (守田啓子) ■句会参加の際は新型コロナ感染対策に協力願います。
月例句会
▼2022.08.10 ▼「川柳吟行会 ぽ」8月句会
【投句締切】8月10日(第2水曜日)【題・投句数】『火』3句【合評会】8月17日(第3水曜日)アウガ5階で14:30〜【投句・問合せ】toko@okajoki.com 熊谷冬鼓宛  *それぞれの地で一人吟行して作句し投句願います。参加者全員による選・選評をメールで交換。入選句・選評等は後日月刊おかじょうきに掲載。メール交換できる方ならおかじょうき会員以外でも参加可。年会費1,000円。
月例句会
▼2022.08.20 ▼おかじょうき会員雑詠集「無人駅」5句
■おかじょうき会員雑詠集「無人駅」5句(10月号分)【締切】8月20日15時必着【提出】雑詠5句、お気に入り1句(最新号からお好きな作品1句とそれに対する簡単なコメントも記入)【掲載】10/10発行号【ウェブサイトからの投句】http://www.okajoki.com/toku/mujineki.html【メールでの投句】moriko@okajoki.com 守田啓子宛
月例句会
▼2022.09.03 ▼ おかじょうき川柳社本社9月句会
【時】9月3日(土)午後1時〜【所】アウガ5階小会議室【投句締切】9月2日(金)15時【宿題】(各題3句詠)『よろよろ』/『余』/『自由詠』【席題】1題3句詠・2人共選。選者は当日の参加者より選出【川柳ラボ】互選句「思春期」1句【ウエブサイトからの投句】 http://www.okajoki.com/toku/ 【メールで直接送信投句】moriko@okajoki.com (守田啓子) ■句会参加の際は新型コロナ感染対策に協力願います。
事前投句
▼2022.09.19〆 第59回東北海道川柳大会
【日時】令和4年9月19日(月曜祭日)受付午前10時より【場所】とかちプラザ1階大集会室(JR帯広駅南口前)帯広市西四条南13丁目30番地 0155-22-7890【宿題一部】各題二句詠(新作・事前投句)「緑」折原博美(札幌)・池田山葵(札幌)共選/「集まる」大家北灯(登別)・岡本恵美子(札幌)共選【投句料】1,000円(大会誌呈)【投句用紙】指定用紙(コピー可)住所・氏名・雅号・電話番号・大会及び懇親会への出欠明記【投句締切】7月20日(水)締切厳守【投句先】080-0052 帯広市新町東5丁目5番地 伊藤寿子方 東北海道川柳大会事務局☎・Fax 0155-34-3500 【公開川柳】みんなで語ろう 当日参加者による川柳鑑賞【宿題二部】各題二句詠・出句締切り11時30分「伸びる」清水ひろこ(小樽)選/「待つ」青柳忠(札幌)選/「命」落合魯忠(札幌)選【大会参加費】2,000円(昼食代含む)【賞】(宿題一部)合点10位 同点の時は順位、抜句数、到着順/(第二部)特選賞(各選者別計9句)【懇親会費】5,000円希望者のみ(終了17時)【主催】東北海道川柳連盟 主管 帯広川柳社 *コロナ予防から大会中止場合は宿題一部をもって「東北海道川柳誌上大会」と致します。

ページ:1
1 ページ中 1ページ目を表示(合計: 10件)