川柳いんふぉ
今日は2024年6月18日です。
【締切】6月20日必着【提出】雑詠5句、お気に入り1句(最新号からお好きな作品1句とそれに対する簡単なコメントも記入)【掲載】8/10発行号  [ メールでお問い合わせ
誌上句会
2024.06.30
第13回 東北川柳文学大賞募集
【応募資格】東北6県の在住者(災害による避難先は可)【応募用紙】専用の応募用紙(コピー可)。またはA4版の原稿用紙に縦書き。その際冒頭にタイトル・未発表作品10句・郵便番号と住所・柳号(氏名)・電話・所属結社の順で明記。*用紙必要の方は事務局に連絡してください。【応募料】1篇¥1,000(複数応募可)なお、応募時に大賞受賞者句集の予約(句集予約と添書きし、1冊につき¥1,200同封)をいただくと送料無料とします。【締切】2024年6月30日(消印有効)【選者】江畑哲男(千葉)・木本朱夏(和歌山)・雫石隆子(宮城)・駒木香苑(福島)・片倉卯月(山形)・長谷川酔月(秋田)・髙瀨霜石(青森)・熊谷岳朗(岩手)【賞】大賞 賞状、記念品、副賞として川柳句集の無料発行権と100冊を授与。【発表】2024年8月中旬予定(受賞者へ連絡)【表彰】10月6日(日)第42回東北川柳連盟盛岡大会 大会席上(予定)【応募先】〒027-0028 岩手県宮古市神林5-25 東北川柳連盟 東北川柳文学大賞係【問合せ】東北川柳連盟事務局 伊藤豊志 Tel/Fax 0193-62-1137 090-8700-1791【主催】東北川柳連盟 
大会
2024.07.01
第75回一朶の雲 まつやま川柳誌上大会
【募集期間】令和6年6月1日(土)~7月1日(月)消印有効【宿題・選者】(各題2句詠・未発表の作品に限る)『誘う』柳田かおる(松山)・月波与生(青森)共選/『きっと』永井松柏(今治)・守田啓子(青森)共選/『ムード』大内せつ子(松山)・石橋芳山(島根)共選/『中』栗田忠士(松山)・樋口由紀子(兵庫)共選【二次選者】村山浩吉・松木慎吾・郷田みや 及び一次選者8名【投句方法】未発表作品に限ります。各題共選ですので、両方とも同じ句を書いてください。所定の投句用紙(コピー可)を使用し、参加費とともにお送りください。【送付先】〒799-3121 愛媛県伊予市稲荷537-17 山内もとこ方「第75回一朶の雲 まつやま川柳誌上大会」係あて【参加費】1,000円(切手不可)発表誌送付(9月上旬を予定)をもって領収書に替えさせていただきます。【贈賞】県知事賞ほか(特選方式による)及び秀句賞(各題3句)【主催】川柳まつやま吟社【問い合わせ先】川柳まつやま吟社事務局 大前尚道 まで 電話 089-952-6774 
【時】7月6日(土)14時~(13:30受付開始)【所】リンクモア平安閣市民ホール1階「スケルツォ」(JR青森駅東口より徒歩3分)【特別選・事前投句』】 『星』暮田真名(東京都)選・2句詠・投句締切6/28(金)・欠席投句拝辞【宿題】(2句詠・二人共選) 『外』くんじろう(大阪府)・きさらぎ彼句吾(青森県)共選/『混』米山明日歌(静岡県)・奈良一艘(青森県)共選 【トークイベント】】 暮田真名さん『『川柳しか勝たん!』 【参加費】5,000円(句会・懇親会費込) [ メールでお問い合わせ
川柳らくだキャラバン句会/日時:2024/7/7(日)13:00/会場:ねぶたの家「ワラッセ」会議室/会費 1000円/兼題(各題2句詠) 「らくだ」「エメラルド」「輩(やから)」「密度」「雑詠」/選者:当日発表・雑詠のみくんじろうと共選/席題:当日発表/雑詠選後ディスカッションあり/欠席投句: 封書での欠席投句締切 2024年6月30日(必着) A4用紙(横長い方)を6切にして1枚に1句ずつ書いて、控えを添えて事務局へご送付ください。 投句料は定額小為替・現金で(切手不可)ホームページからの欠席投句締切 2024年6月30日23時59分/川柳らくだ事務局 〒567-0057 大阪府茨木市豊川1-17-6 森茂俊 [ メールでお問い合わせ
【投句締切】7月10日(第2水曜日)【題・投句数】[『朱』2句【合評句会】7月17日(第3水曜日)青森駅前アウガ5階で14:00~【投句・問合せ】toko@okajoki.com 熊谷冬鼓宛  *それぞれの地で一人吟行して作句し投句願います。参加者全員による選・選評をメールで交換。入選句・選評等は後日月刊おかじょうきに掲載。メール交換できる方であれば、おかじょうき会員以外でも参加可。年会費1,000円。  [ メールでお問い合わせ
【締切】7月20日必着【提出】雑詠5句、お気に入り1句(最新号からお好きな作品1句とそれに対する簡単なコメントも記入)【掲載】9/10発行号  [ メールでお問い合わせ
誌上句会
2024.07.31
おかじょうき川柳社誌上句会「0番線]
【課題と選者】題:『島』選者:真島久美子(佐賀県)/Sin(青森県)共選 [【投句締切】 令和6年7月31日 【投句方法】 (ウエブサイトからの応募)http://okajoki.com/へアクセスし、「投句する」→「0番線」→を選び、作品応募フォームから必要事項を記入して送信してください。(メールで直接送信)メール本文内に「作品(2句まで)」 「郵便番号」 「住所」 「 氏名または雅号(ふりがな)」 「電話番号」を明記し、件名に「0番線」として守田啓子宛にメール送信してください。<送信アドレス:moriko@okajoki.com>【投句料】1,000円(発表誌呈・おかじょうき川柳社会員は無料)*発表誌の送付をもって、投句料受領したものとさせていただきます。◆振込先:郵便振替 № 02280-6-43112 口座名 おかじょうき川柳社【賞】特選の方に青森県特産品を贈呈  [ メールでお問い合わせ
【時】8月3日(土)午後1時~【所】アウガ5階小会議室【投句締切】8月2日(金)15時【宿題】(各題3句詠)『カード』/『知』/『自由詠』【席題】1題3句詠・2人共選。選者は当日の参加者より選出【川柳ラボ】互選句『ハーブ』1句 [ メールでお問い合わせ
大会
2024.08.11
第78回青森県川柳大会
日時 8月11日(日)午前10時から /会場 リンクステーションホール青森 会費 3千円(昼食代含む)、高校生以下無料(昼食付き) ◇特別選 「骨」(1人2句)吉崎柳歩選 ◇宿題(各題1人2句)「弱り目に祟(たた)り目」熊谷冬鼓・濱山哲也共選 「穏やか」三浦蒼鬼・千島鉄男共選 「身勝手」むさし・野沢省悟共選 「人形」瀧尻善英・田沢恒坊共選 ◇投稿 作品は全て未発表に限る。応募用紙は6月12日正午から、同文化財団ホームページ(http://www.toonippo.co.jp/feature/z-bunka)からダウンロードできます。または、はがき大の紙5枚を使用し、それぞれの用紙の右上に特別選、宿題と朱書きした上で、各題2句ずつ必ず楷書で書いてください。新旧仮名遣いは問いません。いずれか1枚の裏面に郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、生年月日、電話番号を明記(学生の場合は学校名、学年も)。大会会費(郵便小為替)を同封し、郵便番号030-0801、青森市新町2の2の11、東奥日報新町ビル2階、東奥日報文化財団「県川柳大会係」宛てに送ってください。問い合わせは同文化財団(電話017・718・5115、平日午前9時~午後5時)へ ◇締め切り 7月10日(水)当日消印有効。直接持参する場合は午前9時~午後5時に東奥日報新町ビル2階へ(土日祝も可) ◇席題 当日2題を出題(各題1人2句)。選者は2題のうち一方が福士慕情、田鎖晴天の2氏、もう一方が沢田百合子、髙瀨霜石の2氏による共同選。 ◇賞 当日の出席者を対象に採点し、総合1位に県知事賞、2位に県議会議長賞、3位に県教育長賞、ほか20位までの上位入賞者に賞品を贈ります。優秀作品は東奥日報紙上と東奥日報文化財団ホームページに掲載します。 ◇※懇親会はありません。 ◇主催 東奥日報社 東奥日報文化財団 /後援 青森県 青森県議会 青森県教育委員会 
【投句締切】8月14日(第2水曜日)【題・投句数】[『本』2句【合評句会】8月21日(第3水曜日)青森駅前アウガ5階で14:00~【投句・問合せ】toko@okajoki.com 熊谷冬鼓宛  *それぞれの地で一人吟行して作句し投句願います。参加者全員による選・選評をメールで交換。入選句・選評等は後日月刊おかじょうきに掲載。メール交換できる方であれば、おかじょうき会員以外でも参加可。年会費1,000円。  [ メールでお問い合わせ
その他
2024.08.20
川柳さっぽろ800号記念全国誌上大会
課題と選者(各題2句・未発表句に限る)「じゃがいも」真島久美子選(佐賀県)「熊」平井美智子選(大阪府)「めんこい(かわいい)」高橋みっちょ選(釧路市)「ポプラ」伊藤寿子(帯広市)「蟹」岡崎守(札幌市)/投句締切 令和6年8月20日(火)消印有効/投句用紙 指定の用紙をご使用ください(コピー可)/投句料 1,000円(定額小為替または現金、切手は不可)/発表 川柳さっぽろ11月号に掲載(応募者全員に柳誌贈呈)/賞 題ごとに特選賞、札幌川柳社賞(賞品は北海道銘菓等)/投句先 〒069-0821 江別市東野幌町46-10 嶋口幸美方/川柳さっぽろ800号記念全国誌上大会事務局宛 電話・FAX 011-383-5556/問い合わせ先 投句先まで/主催 川柳さっぽろ800号記念全国誌上大会実行委員会 実行委員長 佐藤芳行  
【締切】8月20日必着【提出】雑詠5句、お気に入り1句(最新号からお好きな作品1句とそれに対する簡単なコメントも記入)【掲載】10/10発行号  [ メールでお問い合わせ
誌上句会
2024.10.31
第6回 水の都まつえ誌上川柳大会
【兼題】】 『自由吟』2句詠(9名による共選)【選者】徳長怜(徳島)・月波与生(青森)・森茂俊(大阪)・宮井いずみ(大阪)・米山明日歌(静岡)・中前棋人(静岡)・くんじろう(大阪)・真島久美子(佐賀)・石橋芳山(島根)【締切】令和6年10月31日(木)(当日消印有効)厳守【参加費】1口1,000円(切手不可・小為替等で)大会誌呈 ※受付確認は大会誌に代えます。(一人何口でも参加可能です)【投句用紙】投句用紙(コピー可)または便箋等をご使用ください。【問合せ先】石橋芳山(松江川柳会会長/℡090-2003-5846)【賞】1句のポイント制として、上位10位までに賞品を設けます(松江特産品等) ※ポイント 特選5点・佳作3点・平抜1点【投句先】〒690-0861 松江市法吉町50-43 清水美智子 宛 
大会
2024.11.10
「清流の国ぎふ」文化祭2024川柳の祭典
【開催日】令和6年11月10日【場所】』岐阜市民会館大ホール【応募受付期間】(事前投句・当日消印有効)令和6年5月1日(水)~7月31日(水)/(当日投句・当日出席者に限る)令和6年11月10日(日)午前9時30分~11時30分【作品・題(一人各題2句以内)】・(事前投句一次審査員)『天下』荒川八洲雄(愛知)/『ペーパー』大嶋都嗣子(三重)/『つなぐ』赤池加久(石川)/『演劇』いしがみ鉄(東京)/(当日投句)『アニメ』北山まみどり(青森)/『座』くんじろう(大阪)/『飼う』弘兼秀子(広島)〉【『第二次審査員】』松代天鬼(愛知)/松下淸(富山)/浪越靖政(北海道)/駒木香苑(福島)/岡田篤(兵庫)【応募料】事前投句1,000円、当日投句1,000円、弁当代1,000円(当該金額を7/31までに振込)[郵貯振込口座]00960-2-276220[加入者名]「清流の国ぎふ」文化祭2024川柳の祭典※ただし海外投稿者、障がい者手帳写しを添付された方は無料】【応募方法】①所定用紙(一人一枚)に楷書で記入し、ゆうちょ振替請求書兼受領書またはその写しを添えて応募②封筒表に「川柳作品」と朱書き③当日投句の出句締切は11時30分まで④応募用紙該当欄に、事前投句及び当日投句(川柳の祭典参加)、昼食弁当の有無を明記【応募先】一般社団法人 全日本川柳協会 〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋2丁目北1-11ステップイン南森町905号『【主催】文化庁・厚生労働省・岐阜県・「清流の国ぎふ」文化祭実行委員会他